かわいい動物を鑑賞

インターネットはいろいろ利用させてもらっています。

まずメールです。
インターネットメールはいつでもどこでもネット環境があれば、確認でき、さらのメールの作成や送信もできます。
これは、わたしにとってはかなり便利で、かなり利用しています。

他によく利用するものとしては、調べものの検索があげられます。
これも1日に1回以上は検索して、かなり生活に役立っています。

特に初めて行く場所の確認にはとても役立っています。
他には初めていく人気のラーメン屋さんなど、飲食店の検索もよく行います。
ホームページでメニューをみたりしています。
初めてのお店でもこれでだいたい見当がつくので、お店で迷わなくてもよいので助かります。

インターネットでたまにクーポン券などが当たることがあります。
懸賞サイトはたまに利用しています。

当選確率が高いキャンペーンもあり、いままでもお酒や、映画観賞券、化粧品類などいろいろいただいています。

しかもはがき応募と違って、はがき代がかからないのがお得です。

それ以外には動画配信システムをたまに利用します。
音楽を視聴したり、気になる番組を見たりします。

特に好きなアーティストのライブや番組で歌った時の映像はとても見応えがあります。
気分が乗ってくると、動画を見ながら一緒に歌ったり、踊ったりすることもあります。

動画ではかわいい動物ものもよく見ます。
私はお気に入りのワンちゃんの映像があり、お気に入りに入れて、時々それを見て、癒されています。

エクスプローラー

 

インターネットは、エクスプローラーを立ち上げました時に、まず最初にプロバイダーのトップ画面がでますので、興味のあるニュースや内容が目につきましたら、先ずはクリックしてみます。新聞やテレビのニュースは、好きかろうとそうでなかろうと、勝手気ままに耳や目から飛び込んできますので、好みの内容を取捨選択する事などできないわけですが、インターネットはその点、最初から好みに応じて、見るとか見ないとかを、本人自身で決めることが出来ますので、ニュース専用チャンネルとしての使い方が出来ますので、ネットと対峙しています時は、落ち着いた良い気分になります。ですから、精神安定上も非常に良く、マイペースづくりにも、大きく役立っています。そして、次から次へとページが進んできて、知らない間に、ちょっとした出来事に対しても、結構かなり深く知っているような状態に到達しますので゛、新聞・テレビの代替えばかりか、精神を安定させる効果もあり、現代社会の素晴らしいアイテムだと思います。それから、インターネットでニュースを読み進んでいきます時に、非常に役立つことを何度も経験しております。単行本を読んだり、新聞雑誌などでもそうなのですが、知らない漢字・読めない漢字・あるいは勝手に何となく読んでいる漢字という具合に、たくさんの感じに出くわしますが、いちいち辞書を片手に読み直すなんてことは、先ず面倒くさくて行わないと思います。少なくとも、私はそのような事は、出来ません。ところが、インターネットニュースでは、知らない漢字が出てきたときには、直ぐに、目の前のパソコンで調べられますので、非常に知識が増えます。

私がFacebookを使わない理由

以前はインターネットでの決済などが怖くてできなかった私も、今ではネットバンキングもやれば、普通に通販も使うようになってしまいました。そんな私が距離を置いてしまっているのが、Facebook。

かつての同級生や旅行先で知り合った人など、いろいろな人から「アカウント持ってないの?」と言われて、とりあえず利用してみることにしたものの、まず本名で登録するというのが怖くて、うだうだいろいろ考えた挙句、無理やりミドルネームを入れて抵抗を試みることに。それでもつながった知り合いから私自身を特定するのはおそらくたやすいことだと思うのですが、誰もそういったことを気にしている様子もなし。
どうやら本名で登録したり、自分の学歴や職場の情報を入れたりすることで、いろんなつながりができるのがいいところ、のようなのですが、本当にいいところだけ?と疑ってしまう自分がいます。

と、そうこうしているうちに、海外の友人たちが私の日本の友人(お互い顔見知りでもなんでもありません)にアクセスをとったらしく、日本の友人から私へ苦情が来てしまいました。どうやら私がFacebook上の「友だち」の設定がオープンすぎたらしい。とりあえず、友人に聞いて設定を変更したものの、うまく使いこなせる自信もなく、結局ほとんどログインしないままになってしまいました。

最初は友人のネットワークから蚊帳の外、といった感じでさみしい思いもしましたが、どうやらメールしかしないヤツらしいという認知もひろまったおかげで、気をきかせてメールでやりとりしてくれる友人も増え、それほど不便を感じなくなりました。それはそれでよかったのかもと思う、今日この頃です。

おばさんには

おばさんにはとてもインターネットは難しい。
ツイッター、フェイスブック、ブログ等々なんとかかんとか登録をしたもののいまひとつ何をどうしたらいいのかわからなくなってしまいます。便利な機能など使いこなすこともなく、それでもしばらくそれでも続けるものの特にフォローしてくれる人やお友達になってくれる人も少なく、なんのためにやっているのだろう?馬鹿みたいなんて思って閉鎖もしくは放置状態になってしまいます。もっと積極的に色々なひとと自分からつながればいいのかもしれませんが、生きてきた時代が今の若者と違うので、知らない人と会ったこともない人とネットでつながるというのにとても抵抗があります。
また機能にしても使い慣れない言葉が多く、インターネットで意味を調べるもののいまひとつ何かがわからなくて、そのままわからずじまいのことが多いです。きっとインターネット用語や使い方がわかればネットを利用して色々な頃ができたでしょう。インターネット用語はカタカナもしくは英語なので、年配者には余計わかりずらくしているような気がします。もっと簡単な言葉に置き換えてくれたらもっとインターネットがわかりやすくなるのではないかと、いつも思います。過去にホームページを立ち上げようと3万円もするソフトを思い切って買いましたが、結局ホームページ1ページも作ることができませんでした。悲しいかな3万円が水の泡となってしまった出来事です。自由自在に扱えたらどんなに楽しいでしょう。